読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ。( ´ ω`)

節操無しの日本酒呑みが、グルメ(?)や旅行記もつづるブログ

【スポンサーリンク】

松葉ガニよりお安いのに食感は味の宝箱!セコガニ(香箱ガニ)の漁期はたった2カ月。

チラシの表(酒や食の解説やまとめ)


にほんブログ村

ズワイガニ(松葉ガニ)とベニズワイガニの話に続いて、

ズワイガニの雌の話です。セコガニとか香箱カニ、または親ガニと呼ばれています。

松葉ガニと同様11月6日解禁で一緒に漁獲されます。ただ資源保護の観点から、山陰周辺では1月10日で終わり。松葉ガニより2カ月も漁期が短いです。

(´Д` )

f:id:osakezukideotakunaocchan:20151101085710j:plain

 

セコガニのお値段

ズワイガニより小型なことなどもあり、1枚あたりのお値段はお安め。

数百円から買えます。大きいのになると1000円以上するでしょうか。

当然、産地で買った方が安く買える可能性が高いです。中には観光地価格のところもあるかもしれませんが。だいたい茹でた状態で売っています。生が欲しいなら事前にカニ屋さんに言った方がいいかも。

 

その中身とお味は

下の画像は甲羅を割った中身。

小さくて、オレンジ色の物体が入っているのがセコガニです。

セコガニの左下隣が松葉ガニ、その上も松葉ガニですが「水ガニ」です。

水ガニについてはまた後日ご紹介します。(・ω・)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20151101085605j:plain

さて。 

セコガニは小ぶりなので松葉ガニほど食べ応えはないですが、

食感や味の多様性は松葉ガニを上回ります。

身、ミソだけでなく、外子、内子が楽しめます。

 

身は、松葉ガニよりあっさりめ上品な甘みと旨みです。

ミソも同様。しかしベニズワイガニより遥かにうまいと思います。

 

外子(そとこ)は卵。プチプチとした食感が楽しめます。味はほぼありません。

 

そして、内子(うちこ)は未成熟の卵。

こいつがたまりません。

ちょっともろいハードチーズ様でまったりとしたコクがあり、

ミソや身と和えると悶絶ものです。酒をルパンしまくってとっつぁんマジ困ります。( ;´Д`)

 

ちなみに、

1枚目の画像で、カニが抱えていたの外子、

2枚目の画像で、オレンジ色をしたものが内子です。

 

セコガニの食べ方(茹で済み)

 

食べ方(茹で済み)ですが、1枚目の画像のカニを例にすると、

まずは卵を抱えている下腹部の甲羅との境目に指を入れ、はがしてください。

そうすると、2枚目の画像のように甲羅部分を分離できます。

後は両足部分を引きちぎって完全に分離、身をほじくるもよし。

我慢できないなら両足を付けたまま腹部分に口をうずめ、ずぞぞぞぞ。( ̄▽ ̄)

さすればミソと内子のうまみとコク、そしてカニ身の甘みが混ざってウマー。

お行儀良くやるなら、甲羅をお皿にして、腹側にくっついている内子や外子を取り、身をきれいに取り除いて和えてください。ちょっと手間ではありますが、それに見合うだけの幸せは約束されています。(・ω・)ノ

 

つづく。

 

次回は、幻(?)のハイブリッドガニ(ズワイガニとベニズワイガニのハーフ)。

前回ブコメをいただいたみなさまへ。

ご要望等は次回に盛り込みます。あまりブコメをチェックしていないもので 、

気付くのが遅れる&見ていないこと多々あり真に申し訳ございません。

見るようにします。

 

前回はこちら。 

o3.hatenablog.jp

 

 

 

他カニシリーズ

 

o3.hatenablog.jp

 

 

o3.hatenablog.jp

 

o3.hatenablog.jp