読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ。( ´ ω`)

節操無しの日本酒呑みが、グルメ(?)や旅行記もつづるブログ

【スポンサーリンク】

【えっ、これ】亀泉、本醸造&丹頂濱乃鶴、本醸造の味。【本醸造?!】

酒味選(酒評)


にほんブログ村

↑ 何で本醸造を本醸造て言うのかしら(´Д` )

どなたか教えてプリーズ!ついでに押してプリーズプリーズ!!(=゚ω゚) 

 

高知で印象に残った本醸造2種。

 

まずは亀泉酒造さんの本醸造

精米歩合は60%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160924171826j:image

飲。

 

(・ω・)!!!!

 

デリシャスリンゴ系華やか、軽やか、まろみ、すーっ。

おっさん系のコクを想定していたら肩すかし。 

 びっくりです。( ̄▽ ̄)

 

後でネットみたら、

酵母が高知県のCEL-19 (カプロン酸エチルをそこそこ出す)らしいです。

すいすいいけてよござんす。

ただし燗は向かなさげ。

 

続いて濱川商店さんの本醸造。

美丈夫が有名ですが、こちらは地元向け銘柄。

精米歩合は60%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160924171950j:image

 飲。

 

(・ω・)!!!!

 

青み、うま渋み、ほんのりバナナ様、すっ、

美丈夫特有(だと思っている)メロンっぽい風味も感じ、おいしゅうございます。( ̄▽ ̄)

燗もいけんことはないかも。

 

いずれも黙って出されたら吟醸系だと思ってしまいそう。 そして亀泉も濱乃鶴も一升瓶で2000円程度なのでお手頃なのもいいですね。

おすすめです!!!!

 

【今日は何の日】

前日飲み過ぎなければ……。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

田从(たびと)、山廃純米酒16BYの味。

酒味選(酒評)


にほんブログ村

 ↑タビトてカタカナ表記すると風使いのちょいクールなイケメン主人公ぽくなるような気がするのやが実際の酒質は……(=゚ω゚)

 

秋田の舞鶴酒造さんの熟成酒です。

ここのお酒は先日紹介した舞美人、梅津の生もとと並び、ロケットで突き抜けろ!級のオンリーワンなお味だと思っています。焦げ焦げ香ばしなBYの酒もあり、

ハマるとクセになります。( ̄▽ ̄)

 

これは16BYなので12年もの。

米は秋田県産ひとめぼれ、精米歩合は60%。

酵母は、きょうかい9号。

酸度2.3、アミノ酸度2.2。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160923145834j:image

飲。

 

(・ω・)!!!!

 

梅酒香、バーボン様香、酸味、熟うまみ、厚み、

 

こらまた面白い香り!

スパイスと相性良さそうです。

 

おもしろおいしゅうございました!!!

 

【今日は何の日】

 モッキリーヌ(´Д` )

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

【ワイン酵母酸っぱい酒】せんきん、ドルチェアロマ純米大吟醸VS花巴、水もと純米無濾過生原酒の味。【乳酸菌酸っぱい酒】

酒味選(酒評)


にほんブログ村

↑サワー誉。

 

またも酸っぱい酒2種。

 

まずは栃木のせんきんさんのワイン酵母酒。

酒米は地元産のひとごこち、精米歩合は50%。

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921203532j:image

飲。

 

 青み、コク、うま酸っぱみ、

 

バランスがええですね!キレもなかなかよござんす。

ワイン酵母の酒は特有のコクが個人的に気になるんですが、

これはそうでもなくすごく飲みやすいです。

洋ナシ口の中に放り込んで、飲むと調和して(゚д゚)ウマー。

 

 

続いて奈良の美吉野醸造さんの水もとのお酒です。

水もとは、奈良の寺院発祥の古典的な手法です。

生米を入れた水を置いて乳酸菌に繁殖してもらい、その水を仕込みに使います。この水には乳酸が含まれており、これを入れて酒造りに要らない菌に退場していただく仕組みです。

なお明治時代になって開発され、現在主流になっている速醸もとは、乳酸そのものを入れて同様の効果を得ています。

えっ?

ほんなら生もとはて('ω')?

 

ポケモン的に言うなら、トレーナーとして「にゅうさんきん」を育成し、わざの「にゅうさん」で敵のばつぐんを突いて酒に要らない菌をやっつける仕組み。 

(実際は酒ができるまでに他の菌もかかわっていますがここでは割愛)

水もとと速醸もとは、トレーナーが「にゅうさん」だけ外から持ってきて、敵のばつぐんを突いて倒す仕組み。もはやトレーナーでもなんでもないやないかて?('ω')

ポケモンに喩える必要はまったくなかったけどここまで書いてしまったんから消して書き直すの面倒になったんや。堪忍え(;´・ω・)

 

というわけで、どちらも乳酸をぶち込むという点では同じなんですが、

水もとは、乳酸「菌」相手ですので、むかしむかしはうまくいかずに「こうかはいまひとつのようだ」なケースもあったようです。また乳酸菌が活動するので、単なる乳酸以外の要素も加わるようです。

 

長なった(*´Д`)

 

 酒米は吟のさと、精米歩合は70%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921203548j:image

 飲。

 

チーズ&納豆、うま酸っぱみ、厚み&コク、

 

納豆菌はいないんでしょうが、チーズだけではない複雑なバイオ系の芳香。

ただ不快というわけではなく、食べられる臭さ。

うま臭いとでも言いましょうか……。

(=゚ω゚) 

【まとめ】

コク&シャープさは、せんきん。

まったり&厚みは花巴。

 

せんきんはやや軽めの鎧姿の西洋騎士、

花巴は元山賊の僧兵風。

 

 そんな感じでした。

 

どちらもおもしろうございました!!!!!

 

【今日は何の日】

タン、タン、サラダ、タン。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

 

【執拗に食べる】驚異のスラリーアイス?!高知市内でもモッチモチのモッチリーヌ。【メジカの新子は神】

酒と食あさり(旅行記など)


にほんブログ村

↑ ポッチポチのポッチリーヌ。(=´∀`)

 

何回メジカの新子やんねんて?(´Д` )

うまいもんはうまいから仕方ないのです。

 

久しぶりに京極さんの気持ち。

なんちゅうもんを食わせてくれたんや、

なんちゅうもんを……。(T ∀ T)

そういやあのおっちゃんは高知の四万十川流域出身でした。

 

というわけで、

神食感に魅了され、すっかりメジカの新子にハマったわたくし。

しかし産地は遠い……。(´Д` )

そんな折、

高知市内で現地並み鮮度を保ったメジカ新子が購入できると聞き、

高知大丸へ。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085426j:image

メジカの新子さんはすさまじく足が早いので高知市内ですら厳しい。 

ところが、

スラリーアイスという、ドラクエのモンスターみたいな名前の新技術により鮮度保持を実現したそう。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085317j:image

 こういうのは販売時間前に行った方がいいと思いまする。(´Д` )

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085330j:image

 やっぱり既に行列。( ;´Д`)

整理券渡され、販売開始時刻までお利口さんします。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085345j:image

スラリーアイスの説明は以下の画像をもって説明に替えさせていただきます。( ̄▽ ̄)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085402j:image

780円。

現地で捌いてもらうと1匹500円だったので、

行く交通費などを考えると、この量と値段でも妥当なところかしら。

ちゃんと醬油とブシュカンもパックの中に入っているし。 (・ω・)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085245j:image

これがスラリーアイス? 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085448j:image

鮮度命。

速攻食います。

いただきまーす。

(⌒▽⌒)

 f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085554j:image

食。

 

おおっ、∑(゚Д゚)

理想のモッチモチが残っている身がちゃんとある。

須崎や久礼現地の8掛けくらいのイメージ。

現地補正がかかっとるかもしれんけど。

現地で切り身全部が理想の食感だったものに当たっていない(ちょっと柔らかい身も混じっている)ので、これならこのお値段払ってもいいかなあと。( ̄▽ ̄)

 

 

醬油とブシュカンブシャー。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160921085602j:image

白くなってから、

さわやかもっちりウマー!

 ( ̄▽ ̄)

今回は試験販売。

もうメジカ新子シーズンが終盤にさしかかっているので、

とりあえず今季はもうやらなさそうです。

 シーズンは今月末かあっても10月頭まで。

もしご興味あるなら、久礼大正市場界隈が確実かと。(´Д` )

o3.hatenablog.jp

 

【今日は何の日】

この時、某有名酒店があったのを失念していたのが悔やまれます。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

城陽、本醸造大辛口の味。

酒味選(酒評)


にほんブログ村

 ↑城陽市は宇治茶で有名な宇治市のお隣。抹茶の原料になる「てん茶」の有力産地でもあります。というわけで一押しお願い申し上げます。

(=゚ω゚)

 

京都の城陽酒造さんのお酒です。

酒米は五百万石、精米歩合55%

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160919225014j:image

飲。

 

(・ω・)!!!

 

うまみ、さわやかな青み、酸味、すっ

 

5年前に城陽酒造さんの「徳次郎」銘柄で、特別純米無濾過生原酒をいただいたですが、その時はやや埃っぽい後味でした。

 

これはそんなことなく、

日々の食事と合わせたい感じ。

バランスもよく、好みの味でございます。

 

 

ごちそうさまでした!!!!!

 

【今日は何の日】

 TASと言ったらゲームのアレしか思い浮かばないの´д` ;

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

【酸っぱい純米大吟醸】舞美人純米大吟醸&梅津の生もと純米21BYの味。【酸っぱい熟成酒】

酒味選(酒評)


にほんブログ村

↑他人様に酸っぱい顔させることに定評のあるわたくしに喝の一押しをお願い申し上げます。

(=゚ω゚)

 

福井の美川酒造場さんお酸けです。

舞美人純米大吟醸無濾過生原酒。

酒米は自社田の山田錦、精米歩合は40%。

酸度は2・8!(;゚Д゚)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160919182035j:image

飲。

 

(・ω・)!!!!

 

爽やか、まろ酸っぱ、ラムネ、酸味、渋み、

 

普段の舞美人からコクのある青みを抜いて、穏やかでお上品にした感じ?

吟醸香?

(=゚ω゚)

何それおいしいの?

('ω')

 

燗。

40~50度くらい?

 

うまみが膨らみ、やわらかさと酸味&渋みアップ

舞美人は純米大吟醸でも舞美人 。吟醸香はあったんかもしれんけど、

他の味わいの前に光の彼方へ行ったのかのう。

何にせよブレないお酒、舞美人!

 

続いて、

鳥取の梅津酒造さんのお酸け。

梅津の生もとの21BY

酒米は鳥取県産山田錦、精米歩合は60% 。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160919182155j:image

これは燗。  

飲。

 

(・ω・)!!!!


酸っぱい、熟した梅酒、爽やか、酸味、キレ、

 

一見混沌とした風味ながらも、酸と熟の秩序はありウマー( ̄▽ ̄)

瓶に残った最後の一杯だったからか、

以前飲んだものよりも幾分まろやかに感じました。

 

どちらもおいしゅうございました!!!

 

【今日は何の日】

 残念ながら、ささ泉さんは閉店してしまったようです。

(;´・ω・)

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

高知市中央卸売市場秋祭り。沖ボラ&沖ウルメがおいしかったの。

酒と食あさり(旅行記など)


にほんブログ村

↑沖にめしたら一押しいただけると幸いです(*‘ω‘ *)

 

先月ここ行ったときに、 

o3.hatenablog.jp

9月17日に祭があることを知り、行った次第。('ω') 

 

GAME OVERとか宣告してきSAWなお顔つきのマグロさん。

こえええ(;´Д`)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003311j:image

 

 

 

午後3時開場でしたが、20分前くらいに行ったらすでに各ブース営業を開始。

何じゃそら( ̄д ̄)

ともあれ、

 沖ボラさんを。

あぶりです。なかなかお得な感じ。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003450j:image

 日帰りだもの。

かつを。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003504j:image

 いただきまーす。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003527j:image

300円の沖ボラ 。皮目がちくわの表面みたいな香ばしさで身の弾力とうまみの適度にあり、これはおいしゅうございました。(*´▽`*)

 

かつをはまずまずのしっとりさ。

 

沖シリーズで攻めます。

沖ウルメ(ニギス)のメンチカツ。

200円

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003516j:image

あっさり上品なすりみフライ。そこそこ大きさもあり、これもおいしゅう。

('ω')

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003543j:image

 

 

カッチカチのカジキさん。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003401j:image

 やっぱり怖い顔つきの本マグロさん。

「屋上へ行こうぜ…久しぶりに…キレちまったよ」感。(;´Д`)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003418j:image

 さばきの時。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003429j:image

 鯛身入りソーメン。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003559j:image

どっと混む前に退散。

('ω')

 

この市場、毎月ひっそりイベントやっているので、観光で来られる方はぜひ高知市のサイトをのぞいてみてください。( ̄▽ ̄)

 

【ひさびさの余談仕込み】

 これを、

o3.hatenablog.jp

買った道の駅。 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003710j:image

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003736j:image

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160918003758j:image

何でここまで来てカレーチャーハンなのて? 

これ行った日、世間では夏休み真っ只中の期間のお昼でして、

後はお察しくだされ。_(:3 」∠)_

 

【今日は何の日】

 舞鶴鼓…精米歩合88%のが買えなかったのが心残り。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。