読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ。( ´ ω`)

節操無しの日本酒呑みが、グルメ(?)や旅行記もつづるブログ

【スポンサーリンク】

常きげん、KISS of FIRE純米大吟醸&農口、愛山・純米無濾過生原酒の味。

酒味選(酒評)


にほんブログ村

↑ キスオブファイア(アクセサリー)。入手場所:封じられし厨二廟 効果:攻撃で火属性付与、防御で氷・水属性に耐性。エターナルフォースブリザード対策に必須。

 

富山の中嶋さんで飲んだもの。

石川の鹿野酒造さんのルイヴィトンの新年パーティーにも使用されたことがあるお酒。

純米大吟醸3年熟成。

酒米は山田錦、精米歩合は50%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160828102506j:image

飲。

 

(・ω・)!!!!

 

熟&干し芋、うま酸っぱみ、すっと引ける、

 

綺麗な熟酸味で後口が淡雪系の消え方。

良いです。よござんす!

 

続いて、農口の純米無濾過生原酒。

石川県の片山津温泉の寿し処中沢さんで飲んだものです。

酒米は愛山。精米歩合は60%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160828102529j:image

飲。

 

(・ω・)!!!

 

さわやか、バナナ&木、ラムネ様、コク、渋み、

このままでもええんですし、常温で置いてもより面白くなりそうな酒質に感じました。

何やかやのあれやそのでいろいろあるようですが、

お酒はよござんした!!!!

 

【今日は何の日】

ザクとは違うのだよザクとは。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

 

【真田丸】幸村出陣、純米酒&秀よし、特別純米酒の味【終わってしまう前に】

酒味選(酒評)


にほんブログ村

↑ その昔、武田信玄2という信長の野望みたいなゲームがあって何故か能登が李将軍とかいう明の武将に占領されている(しかもめちゃくちゃ強い)天下統一とかそれどころじゃねーだろと唖然とした記憶がよみがえったのはどうでもいいので一押しいただけるとうれしいのでございます。

 

内府様の顔つきがどんどん俺の時代がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!状態になってきているので、下のラベルになってしまう前に感想書きます。

 和歌山の中野BCさんの真田丸酒です。「紀伊国屋文左衛門」「超超久」のところ。

ドラマに合わせて県内各社が出しているとのこと。

酒米は山田錦と出羽燦々。精米歩合は麹米58%、掛米65%。

酵母は9号系です。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115510j:image

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115544j:image

飲。

 

(・ω・)!!!

 

青み、バナナ&リンゴ、ほのかにラムネ様、まったり、

 

温度が上がってくるとまったりがややもったり寄りになりますが、冷たいとなかなか良い感じでした。

 

続いて、太閤さんの方。

秋田の鈴木酒造店さんのお酒です。

蔵のサイトによると、元々は「初嵐」で、江戸時代に秋田藩主の佐竹の殿様が、酒コンテストをやって、従来の御用酒「清正」よりうまい!とおほめになったとのこと。ほんで加藤清正が仕えた「豊臣秀吉」と、「秀でで良し」の二つの意味を合わせて「ひでよし」なんだそうな。

 

精米歩合は60%。このラベルのお酒は蔵のサイトになかったので、日本名門酒会向けのお酒かしら?('ω')

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115610j:image

飲。

 

(・ω・)!!!!

 

爽やか、ほのかにうまずっぱ、すっ、

 

シュッとしてバランスがええですね。

太閤さんらしい派手さは 無いものの、

食中酒として、すごくええんじゃないでしょうか。

 

ごちそうさまでした!!!!! 

 

【今日は何の日】

真田信繁升。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

【キンミヤ焼酎のところ】宮の雪、純米& 泗水郷佐倉、特別純米山廃無濾過生原酒の味【鈿女のところ】

酒味選(酒評)


にほんブログ村

↑四日一が六日一の休肝日になってしまったおっさんに応援の一押しをお願い申し上げます。

 

再び名古屋栄の寿亭さんでいただいたもの。

三重の四日市酒飲み比べ。

 

キンミヤ焼酎で有名な宮崎本店さんの純米酒です。

精米歩合は麹60、掛65%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160826135358j:image

 飲。

 

(・ω・)!!!

 

さわやか、押しのあるバナナ、うまみ、

 

ヒネる一歩手前の風味からのバランスの良さを感じます。

まずまずいい感じ。

 

続いて伊藤酒造さんの山廃。

「鈿女」のところです。

精米歩合は60%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160826182855j:image

飲。

 

(・ω・)!!!

 

青み、さわやか、木香様、甘うまみ、

 

これやや高めの温度でもう少し寝かせてみたい感じです。

おもしろうございました。

 

ごちそうさまでした!!!!

 

【今日は何の日】

 こういうお役立ち系もそろそろ書こうかしら。

o3.hatenablog.jp

 

秋あがりこぼし。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

【新旧杜氏さんのお酒】不老泉、山廃純米吟醸無濾過生原酒&山廃純米参年熟成原酒の味。

酒味選(酒評)


にほんブログ村

 ↑心はいつも不労&浮浪。気ままなおっさんO3に一押しお願い申し上げます。

 

名古屋栄の八咫さんの方のこれを忘れとったので。

 

上原酒造さんのお酒です。

杜氏さんが亡くなり、新しい方になってからのお酒はお初。

現杜氏の横坂さんは、今は無き岡山の歓びの泉さんのほか、千葉の岩の井さんのところでも醸されておりました。

歓びの泉は岡山っぽくない綺麗で透明感のある酒質だったと記憶しています。岩の井はどっかで飲んだような記憶はあるもメモなし……。

これはいかがでしょうか。 

酒米は酒母に山田錦、もろみは渡船6号、精米歩合は55%。

常温と燗でいただきます。 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115814j:image

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115829j:image

 飲。

 

(・ω・)!!!!

 

軽い青み、爽やか、酸味、ラムネ様、渋み。

 

燗(50度)

爽やか、うまみ、ラムネ様、渋み、

 

温めた方が青みが消え、好みでございます。

というか、おいしゅうございます。

 

けっこう軽快な感じはしますが、これは酒が若いゆえなのか、横坂さん流によるものなのか……背骨は前杜氏の路線を維持しようとしているように伺えます……と言いつつ、そんな不老泉飲んでるわけでないのでよーわかりません。

 

と言うわけで、こちらは亡くなられた山根杜氏さんのもの。

 精米歩合60%の3年熟成原酒です。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115854j:image

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160825115930j:image

飲。

 

(・ω・)!!!!

 

爽やか、渋み、熟成&ヒネ混合、酸味、ラムネ様、押しのあるうま酸っぱみ、 

 

 

中盤から余韻で顔をのぞかせる胸板の厚いうまみがあり。

結構酸も感じます。以年か前に飲んだ時はそこまで酸を意識しなかった。

というか熟成かかってるので、こちらの方が複雑さや厚みをを感じるのは当たり前かもしれません。

しかし……これ何故か燗にしてなかったかしら?それともしたけど撮影していなかったのか、この感想はどの状態のものかメモしてませんでしたサーセン……。

 

【今日は何の日】

ひやおろし問題はまたいずれ。 

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

【サミット銘柄】純米吟醸イセノハナ(作のところ)&天下錦、純米酒27BY試作第二號仕込みの味【これから期待銘柄】

酒味選(酒評)


にほんブログ村

 ↑クセノハナな酒飲みに哀の一押しをよろしくおねがい申し上げます。

 

 名古屋栄の寿亭さんで飲んだ三重酒第1弾

三重県は作の清水清三郎商店のイセノハナ。

 式年遷宮記念でリリースした酒らしく、酒米みたいな名前ですがそういう銘柄のようです。精米歩合は60%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160823232945j:image

華麗旨口とな。 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160823233017j:image

飲。

 

爽やか、リンゴ&バナナ、うまみ、酸味、

 

香りはありますが、作よりやや軽やかな印象。

まろやかさがあり、

柔らかなバランスの良さはさすがです。

ええですね!

 

続いて。

あまり県外に出ていなくて

これから期待する蔵はと尋ねて教えてもらったのがこれ。

名張の福持酒造場さんのお酒。

この時あったのは、27BY試作第二號仕込み。

酒米は山田錦で精米歩合は65%。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160824224550j:image

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160824224706j:image

飲。

 

(・ω・)!!!

 

青み、爽やか、バナナ&おがくず様、

 

少々荒削りな感じですが、 

爽やかな感触もあり。

三重県新酒鑑評会にて優等賞も受賞されているのとのこと。

今後も機会あれば飲んでみたいと思います。

 

ごちそうさまでした!!!!

【今日は何の日】

カープ、来るか……。 

o3.hatenablog.jp

 

o3.hatenablog.jp

 

おしまい。

ゲストハウス初めて行ってスタッフ以外ほぼ誰とも話さなかったし姿すら見なかったけど、無理に交流せんでも気にせず過ごしたらいい。お手ごろだし人苦手でためらっている方も一度泊まってみたらええんじゃないでしょうか。【中部北陸丹後中国山地旅行記別項~宿編・下】

酒と食あさり(旅行記など)


にほんブログ村

 ↑下酒徒ハウスO3は日本酒バーも併設。常温生熟開栓放置酒しか置きません。たまに酸っぱいのに出くわしたら当たり!もう一杯プレゼント!一押ししていただけると夢に近づくかもしれません(´Д` )

 

続きです。 

前回記事のタイトル。

o3.hatenablog.jp

 

いつもはしょーもないシャレか、売れないラノベみたいな長いタイトルなのがおとなしかったのは、そういう理由です。旅人やスタッフとキャッキャウフフせず、居酒屋とかで酒やマスターとウィッウィヒククしとりましたからね。(´Д` )雰囲気を伝えるタイトルにしにくかった&この記事につなげるためでもあります。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160823170427j:image

画像に深い意味はございません。

(=゚ω゚)

 

こんなわたくしでも、昔は海外行ったらバックパック背負ってユースホステルやB&Bを転々とし、宿のリビングなどで色んな旅人とキャッキャウフフしておりました。最新情報入るし、どこか行くのに料金シェアもできるからです。

( ̄▽ ̄)

 

ザ・王道?な有名国やスポットは何故かあまり興味無く、バックパック1つで世界を渡り歩いて来たぜ系の方が、好んで行きそうなエキサイティングな場所はビビりなんで無理!

というわけで、治安が良くて安全そうかつ、人生で行く機会は微妙にないだろう&メシが面白そうな国や場所を選んで行っておりました。

微妙にというのがポイント。準急にハアハアするのと似たような感覚です。

今は日本酒というキーワードも加わっております。(´Д` )

 

 

ほんで本題。

 

何しにゲストハウス行ったの?

もったいない!

馬鹿なの?●ぬの?

 

と言われそうなタイトルですが、

宿は安くしたい!ゲストハウスが空いてるみたいだけど…他の人のブログ見てると結構旅人同士で交流してるみたい…でも私はそっとしておいてほしいんだけどな…どうしようという方向けに、此度のわたくしが過ごした有様を記します。

 (そもそも、そんな人嫌いの旅の選択肢にゲストハウスが入るのかという疑問も無くはないけんど……)

 

なお、わたくしが交流しなかったのは、

夜は1人で自由に酒を飲む&開拓したかったためです。

 

では以下。こんな感じでした。

 

富山のゲストハウス縁。

最初にスタッフさんと中にいた親子連れさんに挨拶しただけ。

すぐに荷物を置いて、居酒屋へ繰り出しました。

酒飲んで、22時半過ぎに帰ってきたら既に真っ暗。

出迎えてくれたのは、同じ部屋(2段ベッド2つ)の男性のイビキだけでございます。

 

朝方、もう一組親子連れもいることに声で気づきました。

何やらみなさま台所で朝食準備?しとるようでしたが、いつも以上に他人としゃべるのがおっくうな気分だったので動かず、体を横たえたまま。そして私の上のベッドには、若い男性がいる模様。そしてキッチンの会話からイビキの主が自転車マンであることを知る。

その自転車マンに至っては、

ベッドのカーテンをそっと開けて外をうかがうと、既に姿はなく……。

私の鼓膜には深夜聞かせていただいたすんばらしい調べの余韻だけが残ったのでした。

ありがとう自転車マン!(=゚ω゚)ノ

えっ?(´Д` )

酒の臭いプンプンで帰ってきたお前が言うなて?

( ;´Д`)

 

そして。 

声は一つ消え、二つ消え、ほとんどの人間がチェックアウトし、上のベッドにいる若い男性しかいなくなり。

ようやく起きて荷物整理しているわしの背後を男性が通り過ぎたようですが、私も特に振り返らず。

いよいよ、わしもチェックアウト。

男性の荷物はそのままだったのでトイレでも行ってるんかしら。

多分わし以外7人は泊まっていたかと思いますが、

ごあいさつしたのは受付時に居合わせた親子連れのみ。

あとの5人は声しか聞いていません(自転車マンはイビキのみ)。(´Д` )

 

別に何を言われるわけでもありませんでした。

ひょっとしたら姿を見せない気持ち悪い何かがいると思われていたかもしれませんが、だとしても今後会うこともないでしょうし。

ただ酒の臭いは気になる方いるかもしれないので……そこは今後ドミトリーに泊まる時の課題です……。

( ;´Д`)

 

 

あわくら温泉元湯。

ここはハイシーズンでしかも個室ということもあり、そんなにお手頃ではなかったのですが、温泉はよかったです。( ̄▽ ̄)

盆ゆえか、ほとんど親子連れ。

これは予約時に、「子どもさん多いのでかなりにぎやかですが大丈夫ですか?」宿のスタッフがちゃんと事前告知してくれたので助かりました。

 

夏祭り行く前に食事を出してもらい、食。

回りはファミリー。宿泊ではなく食事に来ているみたい?

会話も何も一人旅っぽい方もおらず、きままに食べ終わってそのまま外へ。

ゲリラ豪雨燗花火祭りから帰ってきたら、灯りはついとりますが、しーん。(´Д` )

10時過ぎても使っていいと言われた共同冷蔵庫のある大部屋も、親子が1組いたのみ。

朝風呂で2人ほどいたけど無言。朝御飯も黙々と食べて終了。

ドミトリー方面に消えていく1人旅っぽい人もいるにはいそうでしたが、

あんまりおしゃべりしたくなかったので、話しかけることもありませんでした。

そして他の客と一言もしゃべらないままチェックアウトしたのでございます。

会話はチェックイン時とチェックアウト時と食事の際にスタッフさんとしたくらい。

 

こんなところです。

 

長々と書いて何が言いたかったかと言うと、

こんな過ごし方をしているわしのような者もいるので、

値段に魅力を感じたら気にせず泊まったらええんじゃないでしょうか。

 

そして、当初は宿泊客との交流に興味無くても、

ふとしたきっかけで声を掛けられて輪に入ることもあるだろうし、

人とあまり触れ合わなくても、滞在している空間そのものが気に入って、

ゲストハウス愛に目覚めるなんてこともあるかも?

もしピンと来なかったり、苦痛だったら二度と行かなければいいだけの話。

私も興味はなかったのですが、見つけたところが、安そう&清潔そうだったので今回初挑戦してみました。

 

えっ?(´Д` )

そんでお前はどうなのて?

 

 

とりあえず、今回と同じようなノリでまた泊まることもあるかなあと。

 

と言うか、夜酒を飲みに行って深夜に帰ってくるのはどうしようもないので、必然的にそうなります。( ;´Д`)

 

ただ日本酒好きがリビングで集まってウィッウィヒククできる専門ゲストハウスがあったら交流目的に行きます、居酒屋かなぐり捨てて。

 

ほんで通いまくって「主(ぬし)」(藻が繁殖しまくって底が見えないきったない沼にいるブクブク太った鯉みたいなイメージ)とか呼ばれたうえ、すげーうざがられてSNSとかでさらし上げられるまでがセットや!(=゚ω゚)

 

と思たら、高知には「酒の国共和国」(ユースホステル)があったんじゃった。(´Д` )

いつか泊まってみようかしら。

 

【今日は何の日】

怒りブランド食べてみたい……。 

o3.hatenablog.jp

o3.hatenablog.jp

 おしまい。

 

ゲストハウス紹介、富山・「縁(えにし)」&岡山・あわくら温泉元湯【中部北陸丹後中国山地旅行記別項~宿編・上】

酒と食あさり(旅行記など)


にほんブログ村

 ↑下酒徒ハウスO3オープンのため一押し応援していただけると幸いです。

 

今回の旅行で、ゲストハウス2泊しました。理由は、お酒とご飯にお金を集中して使いたかったからです。後は、異様に安いビジネスホテルや民宿にも泊まっているのですが、ゲストハウスを取り上げるのは、まあ何や察しておくんなましや。

 (・ω・)

 

まずは富山のゲストハウス縁さん。

 【公式サイト】

富山ゲストハウス縁~えにし~ | 富山市に展開するゲストハウス/バックパッカーズ縁-enishi-です

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822165959j:image

 古めの民家の名残はありますが、清潔感は高く、快適です。受付時に、ゲストハウスの鍵を渡されます。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170330j:image

ここにも人が寝ます。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170054j:image

キッチンです。

奥にはシャワーが。

 一通り揃っている模様。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170429j:image

トイレ。

見た目は古いですが、確か温水洗浄便座で快適でした。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822173750j:image

  ドミトリーは、2段ベッドが2つ。それぞれに、カーテンが付いているのでパーソナルスペースは確保できます。( ̄▽ ̄)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170504j:image

富山駅や繁華街からはちょっと離れてはいますが、 徒歩20分程度ですし、車の駐車スペースもございます。

 

 

 続いて、あわくら温泉元湯さん。

子ども連れウェルカムな温泉&カフェで、ゲストハウス機能もあります。

【公式サイト】

http://motoyu.asia/

もちろん、ドミトリーもあるので1人旅でもいいですが、小学生くらいまでのお子さんがいる家族で旅する方にオススメかも。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170025j:image

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170527j:image

 宿泊中は、 24時間ではないものの温泉入り放題です。7時から9時まで朝風呂もできました。そんなに広くは無いですが、ファミリー向けであることを意識していらっしゃるのか、体に優しいこだわりのシャンプーやボディーソープを置いていました。( ̄▽ ̄)

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170544j:image

 ドミトリーが満杯だったので、やむなく個室泊。3〜4人で寝られそうです。

f:id:osakezukideotakunaocchan:20160822170611j:image 

人がたくさんいたので、写真は撮っておりませんが、食堂スペースではカフェやバーメニューもあります。温泉含めて、宿泊者以外も利用できるので家族連れなどで賑わっていました。

 

予約時に言っておけば、 追加料金を支払って夕食や朝食もつけることができます。

なお近くにコンビニはありません。車を使わないと厳しいです。

中心集落からちょっと離れているので、周囲に飲食店はないに等しいです。1番近いところはお蕎麦や、うどんみたいな軽食しかなかったような。30〜40分程度歩けば、何店かあるでしょうか。お酒を飲まないかハンドルキーパーがいるなら、選択肢が広がります。鳥取市内まで50分弱くらいなので(´Д` )

 

次回の下はゲストハウスに泊まっての感想文的な何かを。

 

【今日は何の日】

 新しいのはピリリ感があるので、

冷蔵でじっくり寝かせたものをいただきたく。

(´Д` )

o3.hatenablog.jp

 つづく。