日本酒好きのおっちゃんが何か言うとるわ。( ´ ω`)

節操無しの日本酒呑みが、グルメ(?)や旅行記もつづるブログ

【スポンサーリンク】

【再びの文佳人類学】おばけラベル夏純吟&夏純吟うすにごり飲み比べ、全国新酒鑑評会金賞受賞酒28BY&大吟醸生原酒「責め」&純米大吟醸原酒中取り斗瓶囲い(27BY)の味。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

↑\( 'ω')/ 

 

ちょいと量が多すぎますが、

まだ書いていないネタが腐るほどあるというか、

既にバーゲンセール前倒しの如くひやおろしも出てきているので、

冗談抜きにネタが腐りそうなので一気にはき出します。

 

前回はこちら。 

o3.hatenablog.jp

 

こちらは夏酒のおばけラベルです。

右は通常、左はうすにごり。

精米歩合は50%。 

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20170829210422j:image

 

こちら、こないだの全国新酒鑑評会金賞受賞酒(28BY)です。

酒米は山田錦、精米歩合は40%。

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20170829211425j:image

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20170829211852j:image

 

その金賞酒のものかは知りませんが、

大吟醸生原酒「責め」です。数値一緒ですね。

酒屋さんのPBものだったかと。

同じく酒米は山田錦、精米歩合は40%。

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20170829210606j:image

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20170829210907j:image

 

純米大吟醸原酒中取り斗瓶囲(28BY)

高知大丸限定品で昨年末に購入。

試飲した時と春先になってからと二つ感想を記します。

酒米は山田錦、精米歩合は40%。 

 

f:id:osakezukideotakunaocchan:20170829211129j:plain

 

飲。

飲。

飲。

飲。

飲。

 

(・ω・)!!!!

(・ω・)!!!!

(・ω・)!!!!

(・ω・)!!!!

(・ω・)!!!!!

 

【通常おばけ】

厚み、青み、乳酸飲料、軽やか、

 

【うすにごりおばけ】

厚み、青み、乳酸飲料、グレープフルーツ、苦み、ちりり、

 

より複雑さがあるうすにごりが例年同様好みでしたが、

心なしかどちらも昨年より軽やかな感じがしました。

 

 

そしてここから金賞酒大吟醸や純米大吟醸。

このクラスは、酢酸イソアミル主体で南国フルーツ&バナーナ系の文佳人と違い、

カプロン酸エチル主体の香気成分(デリシャスリンゴ系)を出す酵母を主体に使っています。

 

【金賞酒】

デリシャスリンゴ、青み、まったり、まろやか、すっ、

【大吟醸生責め】 

デリシャスリンゴ、青み、うまみ、甘み、とろみ、しわみ、苦み、渋み、

 

金賞酒はさすがのお綺麗さで美味し。

文佳人らしい青みも少しあるのがええですね。

ただ人によっては物足りない&文佳人に求めているのはコレじゃない感があるかも。

生責めの方がかなりにぎやかなので、味としては面白うまい。変化早そうですが。 

 

【純大吟中取り斗瓶囲】

昨年末の感想。試飲にて。

デリシャスリンゴ、びりり、さわやか、イチゴ、青み、にぎやか、荒い、荒い、

 

27BYなので、搾ってから半年以上寝かせているはずですが、荒い!

お味自体は良いというか、熟成でさらに伸びそうでありつつ、こんな口当たりなので、何というかFFのシャントット先生のよう。

 

もうちっと冷蔵庫入れといたらええ感じになるかな、

………と思って買ったのですが、

その後、未開栓のまま室内常温で冬から春先まで置いておりました。

 

この手のカプ酒は冷蔵庫に入れないといけないのですが、

ここの酒質に関して、中の人でない某筋からのアドバイスをヒントに、

春まで常温にて置いてみることにしました。 

冬場から春だし温度的にも大丈夫かな~という感触もあったので。

 

約半年後。

デリシャスリンゴ、青み、さわやか、厚み、ジャム、酸味、

 

これは………。

シャントット先生はブチ切れることなく無事ヴァナ・ディールを救ってくれました!

たいへんよござんす。

他の蔵のきれいな大吟醸にはない、特有の青みと厚みがいい具合に働いたのかもしれません。家庭用冷蔵庫なら5年10年余裕で引っ張れそうです。

 

おいしゅうございました!!!!!

 

【今日は何の日】

楽の世美味いのよ。

o3.hatenablog.jp

 おしまい。